借金がゼロになる確率が高いなら任意整理はおすすめ

任意整理の手続きは、基本的には完済後が望ましい傾向はあります。なぜなら完済前にそれを行ってしまうと、信用情報に対する記録が残る可能性が大だからです。

そもそも完済後は、必ず過払い金請求という手続きになるでしょう。それを行う分には、情報が記録される事は全くありません。
ところがまだ借金を払っていく最中の手続きとなると、話が微妙になってくるのです。なぜなら、上記でも触れた任意整理扱いになってしまう可能性があるからです。

そもそも任意整理と言うのは、過払い金によるマイナスが生じる事になります。借金の残高が100万で、過払い金が80万ならば、もちろん残金が20万になるでしょう。残金が発生した時は、情報が記録されるリスクがあります。

ところが残金が発生しない事もある訳です。過払い金が140万ならば、もちろん信用情報が記録される事はありません。
ですから返済中というタイミングであっても、任意整理を決断してみるのも1つの方法とは言えます。
私は以前に借金の返済中に任意整理の手続きを行いましたが、その時点で借金の多くは返済しており、30万円程度残っているという状況でした。なおかつ地元の債務整理神奈川の事務所に相談し、過払い金の計算を行ってもらった所、70万円ほどありましたので任意整理の手続きを行いました。

ただ失敗する可能性もある訳ですから、できるだけ慎重に確認するに越した事は無いでしょう。あくまでも上記のように、過払い金が40万程戻ってくる確率が非常に高い時に、任意整理を決断するのが望ましいと思われます。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ