果たして他の商品よりもカードローンは手数料は高いのか

カードローンは、たまに他の金融商品と比較されています。その際に、金利に注目が集まっている事も多いのです。他商品と比べると、金利がやや高めだと評価される事もあるのです。

確かに銀行などが扱っている商品ですと、金利がやや低めになっているケースも目立ちます。住宅ローンなどは、金利が1%台になっている事も多いでしょう。それと比べるとカードローンは、10%台の商品も多いのです。ですから金利水準だけを見てみると、カードローンは手数料が高く感じられる傾向があります。

では本当に他商品よりも手数料が高いかと言われれば、実は少々微妙な一面もあるのです。なぜならカードローンは、諸手数料は低めな一面もあります。むしろ他の融資商品より、格安な一面もあるのです。

例えば事務手数料です。いわゆる担保を利用する融資商品ですと、事務手数料と称して様々なコストが生じる傾向があります。しかも業者によっては、かなり大きな手数料を徴収される事もあるのです。ところがカードローンには、事務手数料などはありません。

そうかと思えば、繰り上げ時の手数料なども同様です。上記でも触れた担保商品などは、繰上げ時には数万円ほど手数料を払うケースも珍しくありません。しかしカードローンは、わざわざ繰り上げ手数料を支払う事も無いのです。

このように諸手数料が無料になっているので、かえってカードローンの方が、借りるコストを抑えられるケースも目立ちます。金利だけに着目すればカードローンは高めに見えますが、意外とそうとも言えない一面もある訳です。
ちなみにそれぞれの大手カードローン会社の金利について解説しているページもありますので、借り入れを検討している方は、一度ご覧になっておくと良いでしょう。

利便性を考慮すれば、むしろ妥当な手数料と言えるでしょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ