梅雨のある一日

今日も、湿度が高く、クーラーの除湿がタイマーで切れた3時半くらいから、寝苦しくなった。うとうとしていると5時半くらいにだんなの携帯のアラームで目が覚める。
ここで目が覚めてしまうのは私だけでこどもはそのまま寝ている。なぜ目覚めないのか。
起きてすぐ、お茶をわかす。子供とだんなが会社と学校にお茶を持参するので、大量に消費するからだ。それから、前日の洗濯物をたたんでかたづける。
そうこうしているうちに、子供たちが起きてきて、ばたばたと登校準備をし、これまたばたばたとあわただしく登校していく。今日も元気に登校してくれてありがたや。
それからワイシャツにアイロンをかける。アイロンがけが嫌いなので、出勤ぎりぎりにかけてしまう。なので、あつあつのワイシャツに袖を通してだんな様がご出勤。クールビズなのに・・あつあつでごめんね、だんなくん。
そして9時までに朝食をとる。今日も子供の食べ残しを食べる。それから洗濯を済ませて、図書館へ本を物色しに行く。サッカー関連のコーナーができており、子供と一緒に見てみようかなと思い、世界の国旗や情報が載っている本を借りてみた。
それから近くにある市役所にいって、児童手当の手続きを済ます。ちょうどお昼休みの時間だったので、担当の人じゃなくて、すこし手間取る。いつでも来れたのに・・お昼休み時間に来てしまって間が悪かったなあという感じ。
帰って、お昼兼おやつみたいなのををちょっと食べたら、あらもう子供さんたちの帰宅時間だわ。長男くん、最近買った新しいゲームソフトを一人でやりたいがために、遊ぼうと誘いにきてくれた友達に居留守をつかう。自転車があるので不信に思われないか、あせりながら居留守に加担する母。しばらくして違う友にも居留守。今日だけにしといてよと母毒ずく。次男くんはどっさりたまった質問ドラえもんを黙々と切り抜いていく。
そんなこんなで日が暮れ、あわただしく、子供らの宿題を見つつ、夕食をとりつつ、お風呂に入れつつ、床についたいつもの一日でした。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ