医薬品のネット販売で、お薬安くならないかな

いよいよ本日、医薬品のネット販売が始まりました。
今まで店頭で薬剤師さんから説明を受けて買っていた医薬品が、ネットで購入できるようになりました。
最近はネット通販がさかんになり、家から一歩も出ることなくお金さえあれば何でも購入できる時代になっていましたが、医薬品に関しては安全性という面から聖域になっていました。

今までも、リスクが低い医薬品についてはネットで購入することができましたが、これで全ての一般用医薬品がネットで購入できるようになりました。

ただし、購入するにはいろいろとネットにある質問などに答えていき、自分がその薬を使うのにふさわしいかどうかがチェックされ、該当しない場合は購入できないしくみになっています。また、ネット販売できる店舗は登録されて行政からチェックを受けるようです。

風邪薬や鎮痛剤などもネットで購入できるようになります。風邪で熱が出て、外に買い物へ行くのもだるいなんてときに、床に入りながらネットで風邪薬を購入といったことも考えられるのかもしれません。問題は、注文してからどのくらいで届けてくれるのかです。
例えば頭痛がして、今どうにかしたいのに、ネットで昼に注文して、翌日届いたなんてことになると、翌日には頭痛は治ってしまっていたり、届くまでずっと頭痛の傷みに耐えるなんてことにもなります。

ドラッグストアなどの通販サイトに薬が登場すれば、日用品や食品、化粧品を注文するついでにお薬もなんていう購入の仕方も増えてくるのかもしれません。消費者としては、ネット販売が解禁となって、価格競争が起こり、お薬が安くなってくれないかなーと、淡い期待をいだいています。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ